誰が相続できるのか(法定相続人)

民法によると、配偶者、血族相続人である直系尊属兄弟姉妹が定められています。

例外的に代襲相続の場合があります。

 

代襲相続とは、

本来相続人となるはずだった者が相続開始前に亡くなったときなどにその者に代わって相続人となることです。

例えば、子が3人いてそれぞれ相続人となるはずだったのに、そのうちの1人が相続開始時にすでに亡くなっていた場合、その亡くなった子の子つまり孫が亡くなった子に代わって相続人となることです。