配偶者

配偶者は常に相続人となります。他に血族相続人がいなければ単独で、いれば共同で相続します。

ただし、正式に婚姻届が出されていることが必要です。事実婚の相手は認められません。