誰がどれだけ相続するのか(法定相続分)

民法により定められた相続分は以下の通りです。

 

 ●配偶者と子が相続人の場合

         ⇒配偶者が2分の1、子が2分の1

 

 ●配偶者と親が相続人の場合

         ⇒配偶者は3分の2、親が3分の1

 

 ●配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

         ⇒配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1

 

 ※図1参照