相続とは

 

 

人が亡くなると、その人が生前有していた財産上の権利・義務等はその人と一定の関係(夫婦、親子、兄弟等)にある人に移転します。

 

このことを相続といいます。

 

これによって死者の権利・義務等を承継する人を相続人といい、死亡によってそれを取得される人を被相続人といいます。

どんなときに相続が生じるのか

相続が生じるのは、

 

@死亡したとき

 

A失踪宣告を受けて死亡したものとみなされるとき

 

に限られます。