法定相続人・法定相続分

もし、相続人になれる人や相続分について法律に何の定めもなく遺言書もないとすると、協議の収集がつかなくなり遺産分割どころの騒ぎではなくなってしまいます。

こうしたトラブルを避けるために、民法により法定相続人法定相続分が定められています。

誰が相続できるのか(法定相続人)

民法によると、配偶者、血族相続人である直系尊属兄弟姉妹が定められています。

例外的に代襲相続の場合があります。

 

代襲相続とは、

本来相続人となるはずだった者が相続開始前に亡くなったときなどにその者に代わって相続人となることです。

例えば、子が3人いてそれぞれ相続人となるはずだったのに、そのうちの1人が相続開始時にすでに亡くなっていた場合、その亡くなった子の子つまり孫が亡くなった子に代わって相続人となることです。

配偶者

配偶者は常に相続人となります。他に血族相続人がいなければ単独で、いれば共同で相続します。

ただし、正式に婚姻届が出されていることが必要です。事実婚の相手は認められません。

血族相続人

  • 第1順位は原則としてです。子が相続開始時にすでに死亡していた場合は孫以下の直系卑属が代襲相続します。

 

  • 第2順位直系尊属です。親等の異なる直系尊属が複数いるときは、親等の近いほうが相続します。例えば、父母と祖父母がいるときは父母が相続し、祖父母は相続しません。

 

  • 第3順位兄弟姉妹です。しかし被相続人の死亡以前に兄弟姉妹の一部、又は全員が死亡していた場合は、その者の子が代襲相続します。

誰がどれだけ相続するのか(法定相続分)

民法により定められた相続分は以下の通りです。

 

 ●配偶者と子が相続人の場合

         ⇒配偶者が2分の1、子が2分の1

 

 ●配偶者と親が相続人の場合

         ⇒配偶者は3分の2、親が3分の1

 

 ●配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

         ⇒配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1

 

 ※図1参照