専門家の選び方

相続が開始したとき、贈与を受けたとき、あるいは遺言により財産を取得したときに、相続税や贈与税がかかるのかどうかは誰でも知りたいところだと思います。

こんな場合には、気軽に税理士に相談をしてみましょう。

 

とりあえずは、今回の相続や贈与で、相続税や贈与税がかかるかどうかを調べてもらい、税金が実際にかかるようであれば、相続(贈与)税対策や申告を依頼すればいいのです。

 

問題は、「どのような税理士を選んだらよいか」です。

 

 

【1】

相続税のことは、相続税に強い税理士に相談することをおすすめします。

税理士の中には、企業の顧問を専門とし、相続税の申告の経験が少ない人もいます。

つまり、企業の顧問を行うには法人税の知識が必要であると同じ様に、相続には相続税申告の経験と専門家としての知識が重要なのです。

 

【2】

相続の手続きは様々です。そのため、多方面の専門家の手伝いが必要となることがあります。 

 例えば・・・

・遺産分割で争いがある場合⇒弁護士 

・遺言書の検認、開封⇒司法書士or弁護士

・亡くなった方の所得税申告⇒税理士

・相続財産の評価⇒不動産鑑定士

・相続税申告⇒税理士

・不動産の名義変更⇒司法書士        など。

 

しかし、もしこのような多方面の専門家の知識が必要となった場合にそれをご自身で探すというのは、ただでさえお気持ちに余裕のない時ですのでなかなか困難なことだと思います。

そこで理想的なのが、各専門家と連携し、チームを組んで対応してくれる税理士事務所をメインの窓口としながら相続業務を進めていくことです。

ですから、各専門家とのつながりをしっかりと持っている税理士に依頼することをおすすめします。

 

【3】

相続の手続きには様々な資料も必要となります。

例えば、生命保険に関する書類(支払通知書や保険証書など)は、保険金の評価にとって必要です。

これらは全てそろえて税理士に渡すことになりますが、やはり具体的に現物を見てもらわないと何が必要で何が必要でないかがわからない場合が多いのです。

そのため、税理士が実際に依頼者の自宅に行き、資料を一緒に探すことは手続きをスムーズに進めることにつながります。

打合せ場所を事務所に限ることなく依頼者の自宅にも来てくれて、平日は仕事という方には土日や平日の夜間でも対応してくれるような税理士を選ぶと良いでしょう。